受付時間 9:00~23:00
神戸本社 神戸市中央区三宮町2-11-1 507号
東京支社 東京都渋谷区東1-27-2 406号

産業スパイの脅威

御社の企業秘密・営業秘密、
守れていますか?

産業スパイによる被害は、今や日常的に発生しています。
しかし、広く企業秘密とも言われる営業秘密を、皆様はどれほど重要視されているでしょうか?

P・O・Bは多角的に
クライアントを守ります

他にも、不正競争防止法を始め関係法令知識に基づき、経験豊富な弁護士と連携した指導・助言も行います。
今や企業リスクは、風評被害・不当要求に留まらず、産業スパイという大きな問題に直面し、企業の損失だけではなく、国益へのダメージになっています。決して他人事ではありません!企業経営者の皆様は、手遅れになる前の未然防止対策を講じる事をお考え下さい。

営業秘密保全対策メニュー

産業スパイ被害事例

営業秘密の流出被害は、不正競争防止法という法律が定められていることさえ知らず泣き寝入りする場合も多いのです。

人事管理と産業スパイ

なぜ、元従業員が産業スパイになってしまうのか?利欲や歪んだ保身、会社への逆恨みによる裏切り等、様々な原因が考えられます。

暴力団の新たな手口

反社会的勢力(暴力団)は資金源として特殊詐欺等に参入するなど、情勢に応じて資金獲得活動・方法を変化させています。

産業スパイ防止策

産業スパイ被害に遭わない為には、自社の企業秘密が営業秘密として扱われているかどうかが重要です。
ページ上部へ戻る